着色しやすい食べ物を紹介!
  • みんな知ってる?歯が黄ばむ着色汚れの原因とは?
  • 正しい歯磨きの方法と歯ブラシの選び方
  • 歯が白くなって笑顔に自信が持てる!セルフホワイトニングアイテム徹底比較
  1. ヤニ・ワイン着色・コーヒーの着色は歯の黄ばみの元!着色しやすい食べ物と飲み物

ヤニ・ワイン着色・コーヒーは黄ばみの元!
着色しやすい食べ物・飲み物を紹介!

黄ばみの原因となる食品

黄ばみの原因となる食品

歯の表面の黄ばみは、タバコのヤニ、ワイン着色、コーヒー着色など、日々口にするものが大きな原因となって作られていきます。見た目に色が濃くついているものが多いのでわかりやすいですが、具体的にはどんなものがあるのかを見てみましょう。

●カフェインを含有しているもの

コーヒー、紅茶、ココア、お茶、コーラ、チョコレート、栄養ドリンクなどです。カフェインには中毒性があるため、継続的に摂取している人も多いでしょう。そうやって毎日必ず一定量摂取することで確実にステインが付着していきます。

●ポリフェノールを含有しているもの

赤ワイン、チョコレート、紅茶、お茶、蕎麦、大豆などが代表的です。ポリフェノールには抗酸化作用や脂肪燃焼作用があって体に良いとされているので積極的に摂取している人もいると思いますが、残念ながらステインが付着するという観点のみで考えるとNGなのです。

●硫黄を含有しているもの

玉ねぎ、ネギ、ニラ、にんにく、大豆などは硫黄化合物です。独特な匂いを持つのがその特徴ですね。こちらも髪の毛や爪などの組織を作ったり、有害なミネラルの蓄積を防いだり、代謝を活発にしたり、と体内で大活躍の成分なのですが、黄ばみの原因になると言われています。

●色の濃い食べ物

カレー、キムチ、ビーフシチュー、チャンジャなど、見た目に色の濃い食べ物も、色がそのまま歯にうつってしまい、着色汚れとなって黄ばみの原因を作ります。

その他、アルコールは歯の表面から水分を吸収して着色汚れを付きやすくすると言われています。また、タバコのタールが歯の黄ばみを作るのは有名な話ですね。つまり、タバコを吸ってお酒を飲みながら上記の食材を摂取すると、てきめんに歯が黄ばんでしまうということになります。

着色性食品と着色補助食品

着色性食品と着色補助食品

さて、上記に挙げたものを単体で摂取しても歯は黄ばんでいってしまうのですが、さらに組み合わせによってはその効果が倍増してしまいます。

食べ物の中には「着色性食品」といって歯に直接着色するものと、「着色補助食品」といって着色の補助をするものがあります。着色補助食品は口の中を酸性に傾ける作用があり、それによって歯のエナメル質の成分が溶け出してしまうため、そこへ例えば赤ワインなどの着色性食品を摂取すると、ただ普通に赤ワインを飲んだときの何倍も着色率が高まってしまうのです。

上記に挙げた食べ物は体に良いものもたくさん含まれているので、歯の黄ばみを恐れて一切摂取しないようにするのが良いとは言えません。そこで食べるときには口の中を酸性に傾ける着色補助食品や、着色汚れを付きやすくするアルコールとの組み合わせを避けるように工夫しましょう。こういった点を自分で気をつけるだけで、歯の黄ばみをある程度抑えることは可能なのです。