オフィスホワイトニングがしみるたり、痛んだりする人って!?
  • みんな知ってる?歯が黄ばむ着色汚れの原因とは?
  • 正しい歯磨きの方法と歯ブラシの選び方
  • 歯が白くなって笑顔に自信が持てる!セルフホワイトニングアイテム徹底比較

オフィスホワイトニングがしみる!痛む!その原因と対策

ホワイトニングがしみる原因はいろいろ

ホワイトニングがしみる原因はいろいろ

ホワイトニングでしみる程度は人ぞれぞれですが、何が原因で何故しみるのでしょうか。原因として下記の2つが挙げられます。

原因:歯の状態によるもの

歯の質や歯茎の状態に問題があるとしみて痛いと感じやすいようです。歯がもともと弱い人や知覚過敏気味な人も痛みを感じやすいといえます。

 

原因:薬剤塗布によるもの

薬剤の成分である過酸化水素が歯の象牙質に付着するとしみて痛みを感じます。

上記の原因を考えると、「歯ぎしりをする癖がある人」や「虫歯がある人」はしみる可能性が高いと言えます。

しみやすい人:歯ぎしりをする人

歯ぎしりをすることでエナメル質にひびが入っていることが多く、そのひびにそって薬剤が浸透していくのでしみやすくなります。歯の表面に細かな傷が多い人も同様です。

しみやすい人:虫歯がある人

虫歯がある人だけでなく、虫歯治療を終えている人も治療の際に歯を削っているのでしみやすくなります。ただ、虫歯にしみるよりはましですのでやはり虫歯治療はしておきましょう。

※注意事項・・・オフィスホワイトニングをスタートしようとしてカウンセリングを受けたときに、歯や歯茎の状態によってはまれにホワイトニングはやめておく方がよいと断られる人もいます。

オフィスホワイトニングを始めようと考えている人は、ホワイトニング前のカウンセリング時に歯の状態を見てもらって、痛みやしみを感じずにホワイトニングを始められるかどうかを相談しましょう。ホワイトニングを開始したあとになってから「しみて痛いので続けられない」ということになるともったいないですよね。

しみない施術をしてくれる歯医者さんを選ぼう!

しみない施術をしてくれる歯医者さんを選ぼう!

薬剤が歯の象牙質に触れないように工夫をすると「しみて痛い」可能性は減ります。歯科医院がどのようなしみない工夫をしているのかを知っておくと、歯医者さん選びの参考になりますよ。

歯にダメージのある箇所を薬剤などで覆って施術する

傷のある歯の部分をカバーして象牙質部分にふれる可能性を減らします。この場合覆う時間が加算されるぶん1回のホワイトニングにかかる時間や費用が増えることもあります。気になる人は1回当たりの費用や時間を事前に確認しておくといいでしょう

薬剤濃度を変える

ホワイトニングに使う薬剤の濃度が高いと1回で出るホワイトニング効果も高くなりやすいですが、しみる可能性も高くなります。しみて痛みを感じやすい人は、濃度が薄めの薬剤を使ってもらうことで、1度で得られる効果は実感しにくくなりますが、しみる可能性は減ります。しみない施術を希望する人は、カウンセリングの際に自分の要望を伝え、薬剤濃度の変更に対応してもらえるかどうかを尋ねておくといいですね。

ホワイトニングはしみるものだと諦めてしまっている人もいるのではないでしょうか。しみて痛みを感じる程度は人それぞれですが、その悩みに対応しながらホワイトニングをしてくれる歯科医院はあります。ホワイトニングに関する知識や経験が豊富な歯医者さんを選びましょう!

関連記事