自宅で使うホワイトニング剤に適しているのはのは、歯ブラシより綿棒?

  • みんな知ってる?歯が黄ばむ着色汚れの原因とは?
  • 正しい歯磨きの方法と歯ブラシの選び方
  • 歯が白くなって笑顔に自信が持てる!セルフホワイトニングアイテム徹底比較
  1. 自宅で使うホワイトニング剤には歯ブラシより綿棒がおすすめ?

歯ブラシより綿棒が自宅で使うホワイトニング剤にはおすすめ?!

歯ブラシは本来歯を白くする道具ではない

歯ブラシは本来歯を白くする道具ではない

白い歯を目指すにはしっかり歯磨きをすると効果的だと思っている人は多いですよね。歯磨きをするときに歯の汚れだけでなく着色も取れるように歯ブラシで歯をゴシゴシ磨いてしまっている人も多いのではないでしょうか。けれども、残念ながらその方法では歯は白くなりません。

歯ブラシは名前の通り「ブラシ」なので歯の周囲のゴミを掻き出してくれますが、磨く力が強すぎることで歯の表面に傷をつけてしまうことがあります。目に見えないほどの細かな傷がついた歯に着色汚れが入り込んでしまい、さらに歯が汚れているように見えてしまう結果となってしまいます。

口元を綺麗に維持しておくことはその人全体のイメージアップにつながる大事なことです。就活や結婚準備のときにしっかり綺麗な歯でいられるよう、毎日のケアをしっかり行いたいところですよね。そんなときにオススメなのは歯ブラシではなく綿棒を使った自宅ホワイトニングです。

自宅ケア用ホワイトニング剤を綿棒で塗布するメリット

歯の自宅ホワイトニングは、綿棒と歯ブラシを上手く使い分けながら行うと非常に効果的です。まずは歯ブラシで口の中の汚れを取った後、綿棒にホワイトニング剤をつけて歯の表面の着色汚れを拭うようにこすってみてください。そうすれば、歯のエナメル質を傷つけることなく汚れを取ることができます。

綿棒を使うことで、歯の表面の汚れを浮かせて落とすホワイトニング剤をむらなく塗布することもできます。塗布の際に歯を傷つけることがないのでその後の着色汚れもブロックできるというわけですね。

自宅ケア用ホワイトニング剤の中から、研磨剤フリーのものを選んで綿棒とあわせて使うようにすると、効果的に白い歯を目指すことができます。綿棒を使った歯磨きは身体に優しく手軽なホワイトニング方法ですね。

自宅ケア用ホワイトニング剤を綿棒で塗布する方法

自宅ケア用ホワイトニング剤を綿棒で塗布する方法

綿棒はお化粧や耳掃除など様々な用途があるのでおそらく誰でも一家に1セットは持っているのではないでしょうか。ここで綿棒を使った自宅ホワイトニングのやり方をご紹介します。簡単に綺麗な口元を目指せるので一度試してみてください。

まず、自宅ケア用ホワイトニング剤を綿棒につけたら、歯の表面を縦に磨くように綿棒を動かしてむらのないように塗布します。歯の裏側も同じように縦磨きで塗布していってください。

ただ、全ての歯を綿棒で磨くには時間がかかりますので、忙しい日には着色の気になる歯だけを重点的に綿棒で磨きましょう。その方が手間に感じることも少なくなるので継続していきやすいかもしれません。

また、忙しいときに「ながら磨き」をする人も多いのですが、綿棒でのホワイトニング歯磨きは何かをしながらやるのではなく、鏡の前で行うようにしてください。着色汚れに対して綿棒でしっかり薬剤を塗布しなければ汚れが落ちにくいからです。

自宅ケア用ホワイトニング剤を綿棒で塗布するときのコツは、上下、つまり縦方向に塗っていくことです。歯の裏側も意外と周りの人から見えているものですので、着色汚れがある場合は裏側もしっかり磨きましょう!

関連記事