重曹ホワイトニングの危険性について
  • みんな知ってる?歯が黄ばむ着色汚れの原因とは?
  • 正しい歯磨きの方法と歯ブラシの選び方
  • 歯が白くなって笑顔に自信が持てる!セルフホワイトニングアイテム徹底比較
  1. 話題の重曹ホワイトニングがおすすめできない理由

重曹ホワイトニングって本当に大丈夫?

重曹ホワイトニングとは?

掃除やスキンケア、料理にまであらゆる使い方が話題になっている重曹ですが、歯磨きに使うとホワイトニング効果がある!というのも耳にしますね。重曹ホワイトニングとは、歯ブラシに重曹を直接つけて歯を磨く、あるいは重曹をハッカ油やグリセリンなどと混ぜてペースト状にして重曹歯磨き粉を作って磨く、といった方法で使用します。

クレンザー代わりに重曹を使ってお掃除をすると驚くほど汚れが落ちますよね。あの効果を歯にも適用しよう!という発想ですが、実は調べれば調べるほど明らかになる、重曹ホワイトニングをおすすめできないいくつかの理由があります。

おすすめできない理由①「ホワイトニング」の効果はない

おすすめできない理由①「ホワイトニング」の効果はない

重曹を使って磨くことで歯が白くなるという効果は、重曹の持つ強力な研磨力によるものです。重曹は粒子が細かく水に溶けにくい性質を持っているため、クレンザー(磨き粉)としてお掃除のときに大活躍するのと同じように、歯磨きに使う場合もその研磨力によって歯にこびりついた着色汚れや歯垢を取り除いてくれます。つまり、歯科医院で行うホワイトニングのような漂白効果があるわけではなく、クリーニングあるいはクレンジング効果によって歯の表面の汚れを落とす働きがあるのです。

重曹ホワイトニングで歯を真っ白に!という宣伝文句を見かけることがありますが、これは研磨剤配合の歯磨きで歯の表面を磨くのに近いということを覚えておきましょう。

おすすめできない理由②歯の表面のエナメル質が削れてしまう

おすすめできない理由②歯の表面のエナメル質が削れてしまう

研磨剤配合の歯磨き粉は歯を傷付けてしまうため、結果として余計に汚れが付きやすくなってしまう、ということについては「自宅で歯のセルフホワイトニングをするときに注目の成分は?「研磨剤フリー」商品は要チェック!」でもお話ししましたが、研磨力の強い重曹で歯を磨くこともまったく同じことなのです。

実際に重曹で毎日のように歯を磨いていると、エナメル質が削れて表面が凸凹になってきます。歯をコーティングしているエナメル質が削れると、その内側にある象牙質が透けて見えやすくなって歯の色はより黄ばんで見えます。その上汚れが付着しやすくなってしまうため、二重の意味で歯が黄ばんでしまうということになりますね。

おすすめできない理由③誤って飲んでしまう

おすすめできない理由③誤って飲んでしまう

歯磨きをしているときに歯磨き粉を含んだ水をゴクゴクと飲んでしまうことは少なくても、普通に磨いているだけでいくらかは体内に取り込んでしまうものです。そのため歯磨き粉に使用される成分は体にやさしいものでなければならず、そうやって体に取り込んだものは少しずつ体内に蓄積していき、将来的に体に影響を及ぼすことになります。

重曹は炭酸水素ナトリウム、つまり塩分です。毎日朝晩重曹で歯を磨いていると、知らず知らずのうちに少しずつ塩分を摂取していることになります。ただでさえ塩分の摂りすぎは体によくありませんが、食事の際に塩分コントロールを行っている人は特に重曹歯磨きには注意したほうがいいでしょう。

おすすめできない理由④粘膜への刺激になり腫れや痛みの原因に

おすすめできない理由②歯の表面のエナメル質が削れてしまう

重曹は水と混ざると弱アルカリ性になり、水酸化物イオンができます。この部分が脂肪やたんぱく質に触れると加水分解と呼ばれる反応を引き起こします。

こうして重曹は人間の皮膚や口の中の粘膜のたんぱく質にも反応して加水分解を起こすため、その結果たんぱく質で生成されている部分にダメージを与えてしまいます。硫酸をかけたようにその部分が溶けてしまうようなことではありませんが、そもそもアルカリ水溶液はたんぱく質に反応して変容させる性質があるため、継続して重曹を口に入れることで粘膜への連続した刺激となり、ひいては歯茎の腫れや痛みの原因を作ってしまいます。

おすすめできない理由⑤歯石が沈着しやすくなる

おすすめできない理由⑤歯石が沈着しやすくなる

歯石とは歯垢がたまって石灰化して歯に沈着したものですが、一度付いてしまうと通常の歯磨きではなかなか取れません。このやっかいな歯石、どんなに歯磨きをしっかり行っていてもどうしても付いてしまうという人もいますが、これは唾液がアルカリ性に傾きやすいことが理由の1つのようです。口の中がアルカリ性になると石灰化が促進されて、たまった歯垢が歯石として沈着しやすくなるからです。

重曹も水に溶けると弱アルカリ性になります。そのため、重曹で歯を磨いていると口の中がアルカリ性に傾いて歯石が沈着しやすくなります。そして歯石はそのままただ口の中にあるだけでは特に問題はありませんが、放置しておくと虫歯や歯肉炎、歯周病を引き起こす原因となってしまいます。

関連記事