研磨剤フリーの商品がなぜおすすめなのか?
  • みんな知ってる?歯が黄ばむ着色汚れの原因とは?
  • 正しい歯磨きの方法と歯ブラシの選び方
  • 歯が白くなって笑顔に自信が持てる!セルフホワイトニングアイテム徹底比較
  1. 自宅で歯のセルフホワイトニングをするときに注目の成分は?「研磨剤フリー」商品は要チェック!

自宅で歯のセルフホワイトニングをするときには
研磨剤フリーのアイテムを選ぶべし!

歯を傷付けず粘膜を刺激せず、汚れは浮かせて落とすが鉄則!

歯を傷付けず粘膜を刺激せず、汚れは浮かせて落とすが鉄則!

自宅で歯のセルフホワイトニングを行うにあたって、市販のホワイトニング歯磨き粉ではなかなか効果が見られない・・・と悩んでいる人も多いと思います。

かつてはあまり知られていませんでしたが、ホワイトニング用の歯磨き粉に入っている研磨剤は金たわしで鍋を洗うのと同じように、汚れを落とすときに傷を付けてしまいます。また最近話題の重曹も歯の粘膜を刺激することで汚れを除去するシステムであるため、いずれも結果的にコーティングを剥がして傷をつけ、汚れのつきやすい歯を作ってしまうのです。

長持ちする白く健康な歯を手に入れるためには、汚れは浮かせて落とさなければなりません。そのためには重曹を使うのはNG、そして研磨剤フリーの製品を選ぶことがとても重要なのです。では、その代わりにどんな成分が入っているものを選べばいいのでしょうか?汚れを浮かせて落とすのに活躍する成分をチェックしてみましょう。

注目成分①PAA(ポリアスパラギン酸)

アミノ酸の一種であるPAA(ポリアスパラギン酸)はたんぱく質に反応して凝固する性質を持っています。歯の表面に付着したステインや歯垢はたんぱく質で出来ているため、PAA(ポリアスパラギン酸)はこれらの汚れと結びついて歯の表面から浮かせて落ちやすくすることができます。

歯の表面に付着した歯垢、特に着色汚れであるステインは通常の歯磨きではなかなか落とすことができませんが、このPAA(ポリアスパラギン酸)の働きによって落ちやすくなります。そのためPAA配合のホワイトニングジェルを使うと、歯の表面を削って傷付けることなく黄ばみ汚れのみを少しずつ確実に落としていくことが可能になるのです。

注目成分②ポリリン酸

ポリリン酸は食器や衣類用の洗剤の成分としても使用される成分で、もともと体内のDNAを構成する物質でもあります。オフィスホワイトニングにも使用される成分で、歯科医院では高濃度の過酸化水素にポリリン酸を配合して行われます。ポリリン酸で主に歯の表面の着色を除去し、過酸化水素が象牙細管から歯の内部に浸透して漂白するというシステムです。

このようにポリリン酸には歯の表面の着色を除去する作用があることが認められていますが、オフィスホワイトニングで行われる歯の漂白に作用しているのは主に過酸化水素であるため、歯科医院のような効果はないことを覚えておきましょう。

注目成分③ウルトラメタリン酸EX

自宅でのセルフホワイトニングに使用するホワイトニングジェルにはウルトラメタリン酸EXが配合されているものもあります。こちらもポリリン酸と同じく食品添加物にも使用される成分であるため、比較的安全であると言えます。

また、ウルトラメタリン酸EXは歯の表面に付着した着色汚れを取り除いてくれるだけでなく、エナメル質をコーティングする作用もあると言われています。そのため、高濃度で配合されているとステイン除去だけでなく歯を強く健康にする効果も期待できます。ただし、体内に入ると骨形成に悪影響を及ぼしたり腎機能の低下を招いたりするという報告もありますので、ブラッシング後は薬剤が残らないようしっかりゆすぐようにしましょう。

歯の黄ばみに効果的な成分
関連記事