歯が黄ばむ着色汚れの原因を徹底追及!
  • みんな知ってる?歯が黄ばむ着色汚れの原因とは?
  • 正しい歯磨きの方法と歯ブラシの選び方
  • 歯が白くなって笑顔に自信が持てる!セルフホワイトニングアイテム徹底比較
  1. みんな知ってる?歯が黄ばむ着色汚れの原因とは?

みんな知ってる?歯が黄ばむ原因はこれ!!

原因①色の濃い食品の摂取やタバコのヤニ

原因①色の濃い食品の摂取やタバコのヤニ

歯が黄ばむ原因として最も多くの人に当てはまるのがこの食べ物やタバコなど口を通して摂取するものによる着色ではないでしょうか。日々の暮らしの中で歯のエナメル質の表面には、食べた物や飲んだ物の色素、タバコのタールなどが少しずつ付着していき、やがて黄ばみとして目に見えるようになります。

特に着色しやすい飲み物はコーヒー、紅茶、ココア、ウーロン茶、赤ワイン、コーラなど、食べ物はトマト、ほうれん草、カレー、ブドウ、醤油、ケチャップ、ソース、わさび、焼き肉、焼き鳥など、ポリフェノール・タンニン・カテキンやターメリックなどの香辛料が多く含まれるものです。いずれも見た目に色が濃いものばかりですね。

こういったものを一切摂らないようにするのは難しいですが、摂った直後に歯を磨く、うがいをするといった対策によって、着色を多少防ぐことはできるようです。

原因②加齢・毎日のブラッシングによるエナメル質の摩耗

原因①色の濃い食品の摂取やタバコのヤニ

赤ちゃんの歯を見ればわかるように、そもそも人間の歯は真っ白なエナメル質で覆われています。これが年々歳を重ねるごとに朝晩の歯磨き時のブラッシングや食事などによって少しずつ剥がれていき、内側にある象牙質が見えてきます。象牙質はもともとエナメル質と比べると少し黄みがかった色をしていますが、肌と同じく新陳代謝によって加齢と共に色が濃くなっていきます。

つまり表面の着色汚れが仮にまったくなかったとしても、エナメル質が剥がれてくると歯は黄色く見えてくるということですね。この象牙質の黄ばみは自宅でのホワイトニングではなかなか改善することができません。歯に1本ずつ薬剤を塗布し、強い光を当てることによってホワイトニングを行う歯科医院でのオフィスホワイトニングでのみ改善することができるようです。

原因③放置されたプラークや虫歯

原因③放置されたプラークや虫歯

毎日歯磨きをしっかり行っていても、その方法が間違っていて磨き残しが多くなることによってプラーク(歯垢)が溜まり、それは次第に歯石となって固まってしまいます。歯石は歯茎の腫れを引き起こして歯肉炎となり、さらには歯周病へと進行していきますが、こうなると最初は白かった歯石の色も着色汚れと相まって茶色から黒へと変化していきます。

虫歯も同様にひどくなると一部色が黒く変化します。痛みを伴うだけでなく色の変化によって虫歯かな?と気づく場合も多いでしょう。また歯周病も虫歯も口臭がひどくなるため、人と会話をする際の妨げにもなってきます。健康上も非常によくない状態と言えるため、歯科医院での治療が必要になってきます。

原因④遺伝的な病気や代謝異常

原因④遺伝的な病気や代謝異常

先天性ポルフィリン症や低フォスファターゼ血症、上皮小体機能亢進症、先天性梅毒、過ビリルビン血症などの遺伝的な病気や代謝異常なども歯が変色する原因の1つと言われています。また、母親が先天性タンパク血症、糖尿病の場合も同じように子どもの歯に影響が出る場合があるそうです。

これらはもちろん自宅でのケアによって歯の色を改善することは難しいですが、それ以前に歯の変色が病気の発見につながる可能性もありますので、いずれにしても歯科医院での診察を受けてみるといいでしょう。

関連記事